スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Homeboy, A Hippie & A Funki Dredd(UK)

A Homeboy = Marc Williams (Thumpin Vinyl)
A Hippie = Caspar Pound (Rising High)
A Funki Dred = Tony Winter の三人組。
90年代初期にブレイクビーツのヒップハウスを作っていました。

Caspar Pound


HHFD - Total Confusion (1991)
カナダ生まれのCaspar Poundは19歳の時にこの曲のヒットで一躍有名に。
UKツアーを一緒に回ったRichie HawtinらPlus 8クルーに影響を受け
テクノ名門レーベルRising High Recordsを立ち上げます。



The Hypnotist - The House is Mine (1991)
Caspar PoundとPeter Smithのハードコアテクノ。
レーベル1.2.4番がこのコンビで、3番がURのライセンスリリース。
URのJeff Millsは当時このユニットの事が大好きで、彼の曲
"Changes Of Life"はこれと同じRichie Havensネタを使っています。



HHFD - Start The Panic (Industrial Strength Remix) (1991)
同じく1991年にNYでハードコアテクノのレーベルを立ち上げた
Lenny DeeによるRemix。さきほどのエピソードを踏まえると
Jeff MillsのPurpose Maker"In the Bush"に似てるような。

Marc Williams


WestBam ‎– I Can't Stop (1991)
Homeboy (Mark Williams)がラップ。DESKEEと同じく
この時期のWESTBAMはヒップハウスのラップ好きですね。



Labrinth ‎– Earthquake (2011)
彼はその後自らのレーベルThumpin Vinylを立ち上げ
ハウスを作ったり、テレビ番組やCMの音楽を作っていました。
現在はLabrinthの作曲担当とマネージャーを務めています。

Tony Winter


ATR - ATR (Urban Riot Mix) (1993)
この人はMarc Williamsのルームメイトということしか情報がなく
Discogsで調べるとこの曲にToasting担当と書かれていました。
トースティング???

ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。