スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chip E. (シカゴ)


Chip E. (Irwin Larry Eberhart II) はシカゴのプロデューサー。
高校の時、父親に良く似た子供=Chip Off the Old Blockなので
Chipというあだ名がつき、名字のEとあわせてこの名前になりました。

クラブ"Warehouse"で衝撃を受けた彼はレコード屋Importsに
足繁く通い、在学中にそこで働きはじめます。


1.はじめてのハウス
Chip E.
「大学でマーケティング理論を学び、DJで何がウケるかを知り、
 レコード店では人々が何を買うかを注意深く見ていた。
 お客の多くは『FrankieがWarehouseでかけてたやつ』と買いに来る。
 だから"Warehouseでかかってる曲"とか、略して"houseで聴ける曲"と
 POPをつけたんだけど、そうしたら試聴もしないで買っていくんだ。




Chip E. - It's House (1985)

「BOSSのギター用サンプリングペダルは1.7秒のサンプリングができる。
 俺はそれをマイクにつなげて、サンプルを再生していたんだ。
 It's House, It's House, It's House。これが最初のハウスレコードさ。

 Jesse Saundersがハウスレコードの元祖だって言われてるけど、
 『On&On』はディスコのリメイクじゃないか。"It's House"は
 ミニマルでトライバル、ノリのいい四つ打ちでサンプリングもある。
 TR-808、のちに909になるハウスはこれが元祖だよ。

 だいたい、JesseやVinceはヨーロッパでハウスが流行りはじめても
 自分達のことをR&Bアーティストだって言ってたんだぜ。
 それなのに、いざ本格的にハウスが流行ったことを知ると
 『そうそう、俺達が元祖ハウスレコードを作りました』だってよ!」



2.Joe Smooth


Chip E. - Time To Jack (1985)
「Importsで働いていたとき、Joe Smoothは常連客だった。
 彼はEnsoniqのサンプラーMirageの試作機を持っていたんだ。
 それでスタジオに持ってきてもらい、EP作りを手伝ってもらった。
 "Time To Jack"ってサンプルは彼の声なんだ。」

jack.jpeg
よほどうれしかったのか、アーティスト名も
Mirage Featuring Chip E.になっています。

このEPはHotMix5やLarry Levanが頻繁にプレイし、
Glenn Undergroundが「ハウスとはこれの事だ!」と言う
伝説の名盤になりました。2007年にCD化再発されています。


3.Like This


Chip E. Inc. Featuring K. Joy - Like This (1985)
「君の曲はいいんだけど、歌がないとラジオでかけにくいよ」
学校の先輩にそういわれたChipは、知り合いのシンガーK-JOY、
シンセのひけるLidell Townsellと歌ものに取り組みます。
ESG - Moodyをもとにハウスバージョンに仕上げました。
MixにはSteve "Silk" Hurleyも参加。

「ある日、Frankie Knucklesをスタジオに招いた。
 "Like This"ってサンプルは彼の声なんだ。」


「『さーこのように、手を振り脚を振って踊りましょ』とかゆーハウス賛歌。
 だが大抵は、その一部分を『このよーに・このよーにー』」と
 意味不明に反復。バカみたゐだが絶賛!」
デジタルビスケットVol.24 わがままシカゴの暴虐美より)

このサンプルボイスはのちにいろいろな曲で使われました。
DJ Hell - Like ThatHouz' Monなど。


4.Frankie Knuckles

Frankie Knuckles ‎– You Can't Hide (1986)
「Like Thisから1年後、"If You Only Knew"のMixを頼もうと
 Frankieを再度スタジオに呼んだんだけど、彼はやり方を知らなかった。
 Jamie Principleはほぼ一人で曲を作っていて、一緒に
 曲作りをしていたわけではなかったんだ。


 俺はやり方を見せ、レコード作りを薦めた。ちょうどクラブの
 ラテンナイトに遊びに言ったらパーカッション隊がすごくてね、
 スタジオで実際に叩いてもらうことにしたんだ。」

こうしてFrankie Knucklesの初作品ができあがりました。
D.J.internationalからリリースなのはこんな裏話があったんですね。


5.Larry Heard

The It - Donnie (1986)
「Harry Dennisという男がしつこくレコードを出したいと迫ってきたんだ。
 ある日のクラブ明け、あまりにもしつこくて嫌気が指した俺は
 スタジオに呼んで作ってやることにした。キーボードとベースを少し弾いて、
 あとは明日やるからまた来てくれって追い返したんだ。

 翌日、奴はRobert OwensとLarry Heardを連れてスタジオに来た。
 Fingersのそれまでの曲はライブ録音で、シーケンサーを使うのは
 初めてだっていうから、俺はやり方を教えてやったんだ。」


シーケンサーを覚えたLarryは、Can You Feel ItStarsなどの
傑作ディープハウスを次々生み出します。出会ってよかった。


6.現在
若干21歳にして世界的に有名になった彼はその後
D.J.Internationalと揉め、音楽活動をほぼやめてしまいました。
現在はDVD制作会社で有名アーティストのPVなどを作っており、
その手腕は米Apple社の映像セミナーを担当するほどの実力。
2006年にはハウスのドキュメンタリー映画"The UnUsual Suspects"を発表。
翌年には日本公開のプロモーションで来日もしています。

「大阪と東京のクラブでプレイしたけど、音楽に対する計り知れない
 愛情を感じたね。音楽への情熱は僕を若者の頃のようにしてくれて、
 まるで80年代中盤にシカゴやロンドンで活動していた頃のような
 体験をしたよ。日本ではハウス・ミュージックはまだ生き続け、
 とても健全な音楽であることがわかったよ。」




Gridface - If You Only Knew (Chip E.)
HMVインタビュー - Chip E
Jonathan Fleming - What Kind of House Party Is This?
スポンサーサイト

コメント

No title

最高っす!

Re: No title

後追いで聞くと地味な曲の人なんですけど、調べるとシカゴの祖みたいなすごい人でした。
来日の時行けば良かったなー。
非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。