シカゴ以前のTB-303

1982年に発売されたTB-303はベース用として売られるものの
使いづらさでポンコツ扱い。1986年アシッドハウスで再発見
されるまでどのような使われ方をしていたのでしょうか。



Charanjit Singh ‎– Raga Bhupali (1982)
セッション・ミュージシャンのCharanjit Singhによる
早すぎたアシッド・テクノ。2010年にCD化再発され
日本でも話題になりました。妙な高揚感がたまりません。



Orange Juice - Rip It Up (1982)
スコットランドのポストパンク/ニューウェイヴ・バンド。
この曲はヒットしてUK8位になったそうです。
本来の使い方はこうなんだろうけど、アシッドハウス
慣れてる耳で聞くとTBばっかりに耳がいっちゃいますね。



Heaven 17 - Let Me Go (1982)
イギリスのシンセポップバンド。これは有名ですね。
1998年にはFast Eddieによるラップカバーも発売されました。



Car Crash Set - Imagination (1983)
ニュージーランドのシンセバンド。
シンセあるけどあまり弾いてないですね。



Somnambulist - Things I was Due to Forget (1983)
ベルギーのニューウェイヴアーティスト。
1983年にテープでリリースされていたものが2011年に
LP化されリリースされました。その需要よ。



CTI - Dancing Ghosts (1983)
イギリスのインダストリアルバンド、Throbbing Gristleの元メンバー
Chris & Coseyによる変名ユニット。(残りのメンバーはPsychic TV)
リズムマシンも808だし、これはもうハウスですね。



Alexander Robotnick ‎– Problèmes D'Amour (1983)
イタロ・ディスコの有名曲。数年前、某セレクトショップで
このレーベルデザインのTシャツが発売されZOZOTOWNで
モデルが着ていたのが不思議でした。おしゃれかなあ

Shannon - Let The Music Play (1983)
アメリカのHip HopやFreestyleでもTBは使われました。
他にNewcleus - Jam On ItXena - On The Upsideなど。



Mark Lane ‎– Who's Really Listening? (1984)
カリフォルニアのニューウェイヴ。シンセ音もチープで
良いですね。2001年にアルバムが再発されています。
今でも現役で活動中! http://www.editionsmarklane.com/


参考:Discogsのめっちゃ詳しいやつのコメント
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ