愛された笑顔

「もしもし、Armandoは今病院にいる。会いにきてくれないか」

Mike Dunn
「最初は彼の状態を知らなくて、病院へ送った人からの連絡で知ったんだ。
 Armandoはカトリックだった。病室に着いたとき、牧師が部屋を出ていった。
 『まだお若いのに…』
 
 部屋に入ると…なんてことだ、顔は膨れ上がり、足も…ベッドを見ると
 「彼の容姿については言わないでください」と張り紙がしてあった。
 自覚はなかったのだろう。俺は座り、話をして、お祈りをした。

 部屋を出て、俺は泣いた。信じられなかったんだ。

 
 ひと月がたち、病状はだいぶよくなったようで、再度病院を訪れた。
 見た目にもはっきりと良くなっていて、まだ張り紙はしてあったけど
 腫れはすっかり引いていた。彼はか細い声で話した。
 
 『やあ、Mike…君がWarehouseで…
  "Freaky Muthafucka"をかけてたって聞いたよ…
  みんなクレイジーに踊ってたってね…俺もはやく聴きたいな…』

 
 順調に回復したので彼は退院し、家で話もできていた。
 俺はドイツへDJに行って、そのまま乗り継ぎでニューヨークへ
 Byron Stingily "Get Up Everybody"のビデオ撮影へ向かった。
 すべてはうまくいって、彼も良くなっているはずだった。


Byron Stingily - Get Up Everybody (1997)
 
 俺とBig Ed、Ronは車で帰っている途中だった。猛吹雪の中を運転し
 シカゴの近くまで来たとき、電話が鳴った。Big Edが電話に出て、
 あとはみんな音楽を聴いてたんだ。電話の相手はTerry Hunterだった。
 何を話してるのかはわからない。彼は受話器を置いて言う。
 

 『音楽を止めて聞いてくれ。Armandoが亡くなった。』


 俺は思わず車を降りた。外へ出て、歩きながら叫んだ。
 『嘘だ、嘘だ。帰ってくるまで待ってるって言ったじゃないか。
  帰ってくるまでって…』


 家に帰り、安置所についたのは5時だった。葬式は7時から始まった。
 俺は座り、立ち上がる気力もなかった。彼の両親はカトリックなので
 教会で準備されていた。俺は行きたくなかった。彼を見たくなかったんだ。

 彼と最後に電話で話したときも、明るい口調で話してた。
 ドイツに行くから、帰ってきたらまた遊びに行くよって…」


Terry Hunter
「病院へ行ったとき、俺は彼を直視できなかった。
 彼は物を食べられなくなって、自力でフォークすら持てなかったんだ。
 それでも、俺達の前では笑顔でいようと努めてた…。

 彼が亡くなって、俺たちは胸に穴が開いたようだった。
 若かった俺は、どうすればいいかわからなくて
 Mikeと棺の前で抱き合った。あいつも同じだった。
 『なあ、俺たちはずっと一緒だったよな、一緒にやってきた…』」


Farley "Jackmaster" Funk
「深い悲しみの日々だった。
 俺は彼の病気を知ってからカトリックになったんだ。
 欠かさずお祈りをして、彼を元気付けようとした。」


Paul Johnson
「彼とはすごく仲が良かったけど、何もできなかった。
 入院中、まわりはみんな会いに行っていたんだ。
 『Paulは?Paulに会いたいな。』ってずっと言ってたって。
 
 でも、申し訳ないが行けなかった。
 ずっと車椅子の俺が行って、何を励ませるっていうんだ。

 亡くなったのを聞いたときも、顔は見れなかった。
 彼の思い出をその顔にしたくなかったんだ。いつも笑っていて、
 くだらない冗談を言う、いつもの彼の顔のままにしていたかった。

 俺は彼との思い出が詰まったTR-707を預かった。
 棺の前で、彼の腕をつかんで泣いていた。」
 

Mike Dunn
「俺はDJの前に、いつも祈ってるんだ。
 今ごろ苦労を乗り越え天使になって、見に来てるに決まってる。
   
 こうすべきとか、トライしなきゃとか、説教じみたことは嫌いだ。
 Armandoはトライすることは怖くないって教えてくれた。
 俺より若いけど尊敬していたし、彼も同じだった。」


R.I.P. Armando Gallop


※http://www.5chicago.comより
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ