スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steve "Silk" Hurley (シカゴ)


Steve "Silk" Hurley (左)(Nov. 9, 1962~)はシカゴのプロデューサー。
10歳の頃に組んでいたダンスチームで、天然パーマだったために
"Silk(アメリカでトウモロコシの毛という意味)"というあだ名がつきました。
DJをはじめてからは「Silk(絹)というだけあって繋ぎがスムーズ!」
と言われたため、気に入って使い続けています。

厳しい両親の元で育った彼は、WarehouseでのFrankie Knucklesを
見ることができませんでした。やがて実家を出て、彼はキッズの集まる
ノーアルコールのクラブPlaygroundで働くようになり、
Farley "Jackmaster" Funkとハウスオンリーのイベントを始めます。

当時はテープでMixされるJamie Principleの曲が圧倒的な人気で
彼もテープの闇コピーを手に入れてはDJを盛り上げました。そして
自らもディスコEDITを作り、ミックスに取り入れるようになります。



J.M. Silk - Shadows of Your Love (1986)
Music Is The Key、I Can't Turn Aroundに続くリリース。
サンテレビのキャバレーCM感あるムービーがいいですね。
ビートは重く、ディスコの名残残る歌モノハウス。

Steve "Silk" Hurley
「Music Is The Keyは最初、自分で歌おうと思ってたんだけど甘かった。
 スタジオで自分の歌ったものを自分で聞くのに耐えられなかったんだ。
 だからKeith Nunnalyをメインボーカルに雇うことにした。」

この曲も歌っているのはKeith Nunnalyで、Steveはたまに写るヒゲの人です。



Sampson "Butch" Moore ‎– House Beat Box (1986)
上の曲でバックボーカルを担当していたSampson "Butch" Moore。
こういうさわやかな歌モノの頭になぜか変なボイス連呼を
入れてくるのがシカゴのおかしなところ。



Risse - House Train (1987)
Mike "hitman" Wilsonとの競作。Jack Your Bodyのヒットを経て
ニューヨーク、ロンドン、シカゴ、デトロイト、House列車はどこまでも。


名前を売った彼はここから数々のリミックスワークを経て
1992年にはMichael JacksonのRemixを手がけるまでにいたります。
その過程でラッパーをヒップハウスでプロデュースしました。


M.Doc - It's Percussion (1988)
ラッパーMarc Williamsをフィーチャーしたヒップハウス。
ラップを重視したためか、珍しくあっさりしたトラックです。



2 Raw - We Got The Funk (1990)
同じくMarc Williams。アパッチネタのファンキーなヒップハウス。
音楽を始めるきっかけだったJamie Principleとプロデュースしています。



Mellow Man Ace - Welcome to My Groove (1990)
Delicious Vinylからデビューしたラッパー。
MFSB - K-Jeeネタのさわやかなヒップハウス、歌とのバランスが最高。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。