KC Flightt (ニューヨーク)


KC Flightt (Frank Toson Jr.)はNYのラッパー。


Let's Get Jazzy (1987)
UKのCookie Crew"Rok Da House"と同年、Fast Eddieより早く
ヒップハウスをリリースしています。ミックスは後のハウス大御所Blaze。



Summer Madness (Love Is In The Air Mix) (1989)
マドンナの曲も手がけるDJ、Mark Kaminsによるリミックス。
ブレイクビーツとアシッドがうまく融合したすばらしい作りです。



Planet E (1989)
こちらが大胆な問題作!USポスト・パンクTalking Headsの80年作
David ByrneとBrian Enoがアフリカン・ポリリズムに挑戦した
4thアルバムの曲をまるまる使いました。その曲がこちら。

Talking Heads - Once In A Lifetime 投稿者 hushhush112
Talking Heads - Once In A Lifetime (1980)
上物がJamie Principle "Baby wants to ride"
に差し替えられてるのもニクイですね。


Jump For Joy (Black Box Remix) (1991)
イタロハウスのBlack Boxがリミックス、能天気度がアップした
イケイケヒップハウス!当時っぽいシンセの音がたまりません。

この曲は現在レゲエ、当時はNU GROOVEからハウスを出していた
Bobby Kondersによるしぶいバージョンもあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ