スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MC Shan (ニューヨーク)


MC Shan (Shawn Moltke) はニューヨーク、クイーンズのラッパー。
80年代にMarley Marlらと伝説のクルー、Juice Crewで活躍しました。



MC Shan - The Bridge (1986)
この曲の「すべてはここクイーンズから始まった」と言うリリックを聴いて
デマを言うなとサウスブロンクスのラッパー、KRS-Oneが反論。
このビーフがもりあがり「Bridge Battle」と呼ばれる論戦になりました。

"しかしこの論戦は、すぐに終結することになった。
ブギ・ダウン・プロダクションズのアルバム第2弾の発表前に、
スコット・ラ・ロックが死去したためである。"
(Wikipedia - ブギ・ダウン・プロダクションズ)


KRS-Oneの所属するBoogie Down Productionsの2nd発売は88年。
Kool Rock SteadyがKRS-Oneに反論したのはその1年後。
もしかして、このビーフを見て「俺もやってみたい」と思ったんじゃ?

MC Shanのアルバムはファースト(87年)、セカンド(88年)とも
Marley Marlの全面プロデュースでヒットしました。
しかしこのバトルが落ち着いてセルフプロデュースで出した
3rdアルバムはポップすぎ、ヒップホップファンから評判が悪かったそうです。

それもそのはず、このアルバムはヒップハウスだったのでした。
当ブログではこの3rdを中心に取り上げます。



MC Shan - Ain't It Good to You (1990)
Inner City - Big Fun (1988)調ヒップハウス。
リズムはキックの弱いTodd Terryの感じですね。



MC Shan ‎– It Ain't A Hip Hop Record (1990)
「ヒップホップのレコードじゃない」という曲。
叩かれる前に言っておこうという作戦でしょうか。



MC Shan - Clap Your Hands (1990)
M&Mという謎の女性コンビによるラップ。
808+303でギターも入るポップアシッドのいい曲です。



MC Shan - Music You Can Dance To (1990)
何となくM/A/R/R/S (1987) っぽい。
シカゴの影響はあんまりないみたいですね。



Mc Shan and KRS-One Sprite Commercial
Bridge Battleの正式な手打ちは1995年までかかったそうです。
仲良くスプライトのCMに出ています。

※探求Hip Hop http://koolg.blog57.fc2.com/blog-entry-65.html
※HIP HOP FLAVA http://hiphopflava.net/article_beef_01.php
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。