Lee Marrow (イタリア)


Lee Marrow (Francesco Bontempi) (1957~) はイタリアのプロデューサー。
70年代からDJとして活動し、85年「上海」「サヨナラ」といった
適当アジア感イタロディスコでヒットします。



Lee Marrow ‎– Pain (1989)
この年から作風をヒップハウスに変えました。
ディスコ時代はイタリア語でラップしていたのですが、
こちらはイタロハウスでよくある英語ラップのループ。


Lee Marrow ‎– Movin' (1990)
The House Crewのヒップハウスからラップをサンプリング。
よく聴くとシンセのフレーズも身近なイタロハウスから持ってきてます。



Lee Marrow Featuring Lipstick ‎– Do You Want Me (1990)
Technotronic風フィメールラップ。途中で叫んでいる
"All you bastards, come here by my side.
Listen honey, listen baby, don't be so fucking serious!"
というフレーズよく聴くのですが元ネタがわかりません。
Do It Properly Part II (1988)にもあるけど、もっと古くからありそう。


Lee Marrow ‎- To Go Crazy (1990)
繰り返されるフレーズはJungle Brothers - Beyond This World
ラップはミドルスクールのDouble J - Bless the Funkから。
あいかわらず近い有名どころから持ってきています。
こういうお手軽さが一部のヒップホップ好きから嫌われる要因かも。



Jam Jam ‎– Everybody (Watcha Gonna Do) (1991)
上で使ったHouse Crewのラップを違う部分で再利用!
お手軽に作るにも程がある。とはいえこの曲は
キャッチーなサビがバブルの日本でうけたみたいです。



Lee Marrow Featuring Ce Ce Houston - Baby, I Need Your Love (1993)
ヒップハウスブームが終わり、イタリアはユーロビートが強い中
彼はこんなかっこいいハウスを作ります。
イタロダンスはメロディに哀愁あるのがいいですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ