スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアン・ドリーム・ハウス

イタロハウスといえばどんなのを想像しますか?
有名なのはBlack Box49ersのような
わかりやすくてバタ臭いアッパーハウスでしょうか。
また2014年、Joey Neglo (Dave Lee) はもうひとつの側面である
NY風ディープイタロハウスをコンピにして紹介しました。

流行りものを取り込むのがうまい彼らはほかに
URのようなデトロイトテクノも作っていました。
今回はそんなイタリア味付けのデトロイト
=イタリアン・ドリーム・ハウスと呼ばれるものを聴いてみましょう。


1989年
808State - Pacific State (UK)


Sueño Latino ‎– Sueño Latino (1989)
裏イタロの元祖。バレアリックシーンで流行ったそうです。
Derrick Mayのリミックスだけでなく元曲もかっこいいですね。
謎のエロ感あるPVがおもしろい。



M.B.G. - Limbo (This Is Paradise) (1989)
この3曲に共通して使われているアビという鳥の声は
E-mu Emulator IIのプリセット音源で、AKAI S900の
フロッピーにも入っていたんじゃないかといわれています。
尺八の音色もE-muそのままですね。


1990年
Mr Monday ‎– Future (UK)


Optik - The Chance (1990)
Derrick May - The Danceをちょっと変えて
いろいろと味付けしてみた感じ。


1991年
Underground Resistance ‎– Nation 2 Nation (Detroit)


Korda - Move Your Body (To The Sound) (1991)
Alex Leeのバージョンはさすがにかっこいいです。音も綺麗。



9 Lives - Nobody (Detroit Version) (1991)
これもAlex。まんまデトロイトバージョンと書いています。



Dreamatic - Audio Trip (1991)
Sueño LatinoのメンバーDavide Rizzattiのソロ。
ふわーっとしたシンセの感じ、所々出るフレーズがデトロイト風。



Alkemy - The Trap (1991)
この曲すごくかっこいい。暗い音色のシンセでためて
中盤ブレイクで綺麗な上物を展開していくこの作り。
ユーロビート量産地域の音とは思えないですね。


1992年

Deep Choice - Fix Of 4 38 AM (1992)
ピッチベンドいじってるようなシンセの音に
URのような淡々としたベース使い。
デトロイトと違いリズムには凝らないですね。



Green Baize - Unrest (1992)
Alex LeeとMarco Baroniのユニット。この二人は今でも
一緒に曲を作っていて、2014年の曲もかっこいいです。


"Anaconda", "Pacific State", "Sueño Latino", and the Story of a Sample That Keeps Coming Back
Who Sampled - The "loon" sample (Pacific State, Sueño Latino, etc.)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。