スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.J. Tonka (ドイツ)


D.J. Tonka (Thomas-René Gerlach, June 24, 1973-) はドイツのDJ。
90年代にForce Inc U.S.からディスコハウスでヒットを飛ばしました。
40,000枚のレコードを持ち、Grandmaster FlashとDepeche Modeに
影響を受けた彼は、DE LA SOULをスクラッチごと
サンプリングするなど斬新なアイデアのハウスを作りました。
今回はヒップハウスの視点から彼の曲を見てみましょう。



T'N'I & Alec Empire - Trip Men (1991)
クラスメートのIan PooleyにAlec Empireを加えた3人の曲。
3人とも同世代で、この時はまだ18歳!
UK通過っぽいアシッドヒップハウスです。



Paradise Programme - Deep Green (T'N'I Remix) (1992)
Jam&Spoonの片割れJam El Marプロデュースの
ヒップハウスラッパーB.G. The Prince Of Rapの曲をリミックス。
きれいめトランスなヒップハウスに仕上がっています。



D.J. TONKA vs Deskee - Feel The Street (1996)
90年代初頭にWESTBAMのプロデュースにより
ヒップハウスHITを連発したDESKEEを起用。
サンプリングを全然違う風に聞かせるテクニックは
のちのDaft Punkにも影響を与えました。



D.J. TONKA vs Deskee - Get on Up (1996)
こっちの方がより直球なヒップハウスですね。
シャキシャキの程よくはねたリズムが早めでもいける
90年代テクノパーティーな感じでかっこいいです。



Salt 'N' Pepa - Push It (DJ Tonka Remix) (1999)
1987年に発売された大ヒット曲のリミックス。
出てくる人全員の服装がアーリー90'Sなんですが
クレジットが入ってるので99年製作なのかな?

DMX Krewや彼のように、時代に流されず好きなもの
いつまでも愛し続ける人ってかっこいいです。



ビッグビートが掘り起こした"邪道ハウス"の世界
DJ TONKAのあれこれ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。