Leonard “Remix” Rroy (シカゴ)


Leonard “Remix” Rroy (1964-) はシカゴ・サウスサイドのDJ。
彼はハウス黎明期に活躍したDJでしたが、ハウス人気がピークになった
1987年から軍に入ったため有名にはなりませんでした。
昨年アフガニスタンで仕事をするかたわら、ハウスの歴史についての
本を出版。YouTubeで宣伝のためにいろいろと語っています。

1. Gridfaceインタビュー
Leonard “Remix” Rroy
「はじめてクラブでプレイしたのはサウスサイドのBitter End。
 そこはジュースバーで、酒を出すクラブとお客さんの取り合いに
 ならなかったのが良かった。KASSOの“One More Round”や
 Ian Duryの “Spaticus”なんかをプレイしていたよ。
 
 そうしたある日、家の近所の大学がやってるラジオで
 JJ KellyがJames Brownの曲をエディットしたのを耳にしてね。
 俺もオープンリールやテープを使ってエディットを作り始めたんだ。」

--Farley "Jackmaster" Funkはあなたが最初にハウスミュージック
 という単語を使ったと言ってました。

「母親が名付け親なんだ。俺が地下室でいつも通り音楽を聞いていると、
 母は『みんなが好きならそこの古い曲もプレイしたら』と言ってきた。
 それでBrother To Brother "Chance With You"をエディットして
 プレイした。するとクラブのオーナーがこれは何のバージョンかと
 聞いてきたので、俺は『これはハウスミュージックだ』と答えた。
 母親が家(house)の地下室にあるような古い曲をかけたらと
 言ってたのがよっぽど印象に残ってたんだな。」

--"We Play House"と看板を掲げて、それをFrankieが見たんですか?

「Frankieはインタビューで、サウスサイドの小さなバーに行ったら
 "We Play House"と書かれていたと言っていた。バーの名前は
 言わなかったんだけど、Bitter Endはその看板を掲げていたし
 Frankieも何度か来たので間違いないと思う。

 FrankieのプレイはPowerPlantになってから見たことがある。
 俺は友人に「なんだこりゃ、ミックスだけでスクラッチ無しかよ」
 なんて言ってたんだけど、次の瞬間EQをいじったら凄まじい低音に
 吹っ飛ばされた。Frankieのプレイはあくまでシステムありきさ。
 Warehouseのシステムが彼を神に仕立て上げたんだろうな!」

--Rink Zoneではいつからプレイしはじめたんですか?

「1982年だ。」
(※FrankieがWarehouseを離れ、Power Plantに移籍したのも同年)
「キャパは700人で、可能な限り大音量で鳴るようにした。
 Rink Zoneって名前だけど、誰もスケートなんかしないで
 狂ったように踊ってるティーンばかりだった。」

 ある晩、Your Loveをプレイしたときはもうすごかった。
 一週間ずっと町のいたるところで話題になったし、俺は
 当時サウスサイドでナンバーワンのDJだったと思う。」

--サウスサイドのほかのクラブについて教えてください。

「The LoftはMusic Boxと同じシステムだった。レジデントDJは
 Lally Williams。彼はMusic Boxに入るはずだったんだけど
 オーナーと趣味が合わなくてRon Hardyが入ることになったんだ。
 俺は別のクラブでやってる友人のパーティーに向かってたら
 ビルの2階からやばい音が聴こえてきたのですぐ上がった。
 それでLallyと知り合い、オープンDJで経験をつんだんだ。

 Playgroundでは一回だけDJバトルでプレイしたな。自惚れてたんで
 Lil' Johnに負けてしまった。ブースに入り、Steve Hurleyと
 Farleyを見つけた俺は最高のプレイをきめ、二人に見たか!と
 叫んでしまったんだ。負けたのはあれが原因だろうな。
 FarleyやMike Dunnとはその日に仲良くなったよ。

 Sauer'sは Steve Hurleyがレジデントを勤めるクラブ。俺は
 DJバトルで彼を倒し、公に認められた。」




2. Discogs掲示板
インタビューを読んだシカゴハウスのファンからは厳しい言葉が飛びました。

「素晴らしいインタビューだけど、ハウスミュージックの名付け親が
 彼の母親だって?(笑)*We Play House Music*って書いてたか
 知らないけど、世に広めたのはWarehouseとChip Eのレコード屋での
 展開に間違いないよ。」

「はあ?Rroyなんて名前、シカゴじゃ誰も知らないよ。
 サウスサイドの狭い地域で有名だっただけじゃないの?
 DJ Internationalのプロモーションを1985年から1992年までやったけど、
 Farleyをはじめ誰も彼の事を噂なんてしやしなかったよ。
 Chip Eは、彼がハウスって言葉を生み出したと思ってるって?
 それなら彼がマーケティングなり何か広めるようなことをしたか?」

3. Deephousepage Forum
叩かれた彼は、スレッドを立てて反撃します。
そこにあの有名アーティストが参加。

Leonard “Remix” Rroy
「シカゴハウスマニアども、お前らにハウスの歴史を教えてやる」

Marshall Jefferson
「Leonard、私はあなたをヒーローの一人だと思っています。
 その上で、あなたのハウスの起源に反応する人への対応はおかしいと思う。
 嘘つき呼ばわりする人を軽視しすぎではないでしょうか。
 
 あなたのプレイは何度も見たけど、今回あなたが出した本を読むまで
 ハウスの起源については知らなかった。私もみんなと同じ、誤って
 FrankieがWarehouseでプレイしたからハウスだと思っていました。

 私はこの誤った認識の下で今までやってきた。Frankieはあなたと
 また違うスタイルで、彼はあなたのようなトリックはしないけど、
 12時間プレイしたように多種多様の曲をプレイしてくれます。

 それからはっきりさせたいのは、アメリカ国外にハウスが広がった
 エピソードだ。あなたは自分の本に、1987年6月ドイツでプレイ
 したのが始まりと書いてあるけど、1986年にはFarleyがTop of the
 Popsに出て、Steve Hurleyも一位を取ったし、1987年には
 私もAdonis、Fingersとツアーをし、DJインターのChip Eらもツアー
 してまわっていた…とにかく、1987年の6月が最初じゃない。

 わからないのは、多くのUKプレスが一斉にシカゴへやってきて、
 アーティストへ取材したことだ。Move Your Bodyをリリースしていない
 私のところにまで一斉に来るなんて、どうしてそんなことが起こったのか。
 そのあたりを詳しく語ってもらいたい。
 
 世界中にハウスを広げるため尽力したBenji Espinosaに聞いたけど
 Mike DunnやTyreeはあなたのDJプレイに影響を受けたんだってね。
 本を読んで、Chip Eもだってのに驚いたよ。間接的に俺の師匠なわけだ。
 
 ただ、あなたはFrankie KnucklesやRon Hardyのテープを侮っている。
 あらゆる地域でヒットし、比較的小さいクラブでのプレイだったが
 オーディエンスは数千人にものぼるんだ。」

Leonard “Remix” Rroy
「DJ Magicが1985年にドイツにいって、いろんなクラブでDJ International
 やTRAX、Precision Recordsなどのシカゴ音源をプレイしていた。
  
 シカゴハウスマニアは俺を嘘つきという。
 サウスサイド以外でハウスがどのように広まったかは理解したけど、
 結局Bitter Endでどんな音楽がかかっていたか。それが真実なんだ。」

Marshall Jefferson
「DJ Magicのことなんて書いてなかったんだけど…第2版で書き足した?

 私達が行った頃にはヨーロッパでハウスは普通にプレイされていたよ。
 UKにはPaul "Trouble" Anderson、Jazzy M、Mike Pickering。
 イビザにはAlfredoとPippi、イタリアにはRalf、フランスには
 Laurent Garnier、ドイツにはDr. Motteがいたからね。
 
 Bitter Endに行かなかったからって、お客さんを責めちゃいけない。
 普通は一個のクラブにハマるもんだし、他のクラブに行くのなんて
 違うDJを見たいのもあるけど、知らない女と出会いたくて行くからね。

 たぶんあなたは知らないだろうけど、ノースサイドでもすごい
 パーティーがあって、Julian "Jumpin" Perezはセットの間中
 カットとスクラッチを入れ続けるんだ。今まで見た中で一番すごかった。
 彼はBad Boy Billの師匠で、Farleyとも知り合いだ。
 
 ウエストサイドのKarate Clubでは、No Way Backの声を
 担当したGary Baxterがハウスをかけて大うけしていた。
 Surf ClubではBrian "Furious"FrazierとReggie Hallがプレイ。

 つまりはシカゴの北や西でもいろんなことが起こっていて
 あなたがそれを把握できていないのに、サウスサイドを
 知らないだけで人を非難するから言い返されるんです。

 それから。Kenny Jammin Jason、Frankie Knuckles、Ron Hardyは
 カットもスクラッチもやらなかったけど偉大なDJです。わかってほしい。」

Leonard “Remix” Rroy
「Julian "Jumpin" PerezはRink Zone時代、
 俺のDJをブース前で釘付けになって見てた常連客だよ…。
 あーもう、本人の口から言ってくれないかな。」

Marshall Jefferson
「マ ジ か ! 知らんかったあああ!」

※http://www.gridface.com/features/leonard_remix_rroy.html
※http://www.discogs.com/groups/topic/202793
※http://deephousepage.com/forums/showthread.php?t=253051
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ