スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 in a room (ニューヨーク)


2 in a roomはニューヨークで活躍していたヒップハウスユニット。
代表作「wiggle it」はクラブチャートで1位、UKで3位を記録し
POPS部門でもビルボード15位を記録する売れようでした。


2 in a room - Wiggle It (1990)
歌詞を見てみると、ほぼずっと楽しいよ~踊ろうよ~と言っています。
ヒップハウスの基本「意味ないラップで歌って踊ろう」ですね。
サビの部分カンタンなんで、日本人でもついつい歌ってしまいます。



2 in a room - Wiggle It (Def Wiggle Mix) (1990)
こちらは同じニューヨークのDavid MoralesによるRemix。
名曲を活かしながら後半に進むにつれ別物の良曲になっています。


さて、このRemixに影響を受けたのか、世界中に
「俺の歌う2 in a room」が現れます。




2 In A House ‎– Wiggle It (1991)
ドイツのカラオケ王。頑張って英語の発音に近づけようとしてます。
イナタめのシンセや「グルーヴ!」を思い切り力強くしたディレイも
これはこれでいいですね。



Two In A Box ‎– Wiggle It(New Rap Version)(1991)
こちらもドイツ。何か息切れというか、ラップが慣れていません。
いやいやこれはNew Rap Versionだ、新しいんだよ。


このほかにもイタリアには3 in a roomというやつがいます。
こうしたパチ物リリースは当時珍しいものではなく、
日本でも演歌や子供向けソング、ダンス甲子園やジュリアナなどの
売れたダンス物は別の人がカバーした打ち込み物が売られていました。

単品で集められない中学生は町のレンタルでこういうCDを借り
何か違うM.C.ハマーを聞いて、まあいいかと自分をだましていたのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。