イタロハウスのジャック感

80年代シカゴハウスはディスコのベースやフレーズをパクる
=Jackするというところから始まりました。
80年代イタリアのハウスもシカゴやUKの模倣からはじまります。



Frankie Knacklos - Your Love (Remix) (1989)
フランキーナックルズちゃいまっせ、フランキーナッコロズいいまんねん。
これが今はやりのハウス言いましてな。ガーッハッハ!(金歯)

どうでしょうこの潔さ。イタロハウスはシカゴよりも直球で
いろんなものをジャックしています。



S.S.R. ‎– To Be House (1991)
Mr. Fingers ‎– Can You Feel Itにピアノとどっかから取って来た
歌をあわせて軽~いテイストに仕上がりました。
丸々拝借してうまいこと仕上げるテクニックすごいですね。



Arkanoid - Lost In Techno (1992)
Orbital - Chimeをちょっとだけアレンジ。
90年代に入るとUKテクノの影響が大きいですね。
このアーティストはTyree - Video Crashもパクっています。



P.F. - Brain (1990)
初期Warpのブリープテクノ名曲Tricky Discoをベースに
いろんなサンプル乗っけて楽しんでいます。

ブリープテクノって後追いで聴くと物足りなくて、これはきっと
サウンドシステムで聴かないとわからないと思ってました。
イタリアにかかると「退屈だしいろいろ足そうぜ!」って感じ。



MBG ‎– Speed 127 (1990)
こちらもTricky Discoネタ。


X-Sample ‎– Dreamin' In Buristead Road (1991)
こうした大胆なサンプリング使いで楽しくアレンジしたハウスは
日本のディスコでもヒットし、90年代初期のavexコンピに収録されました。
当時は無断カバーのディスコ用12インチもあったし、ゆるい時代でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ