スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gianfranco Bortolotti (後編)

彼はCappella以外にも次々ヒットを生み出しました。


Sharada House Gang ‎– House Legend (1989)
ラップとサンプルで休む暇なく盛り上げるヒップハウス。
盛りだくさんな感じが飽きなくて楽しいですね。


MC Magic Max ‎– I Don't Want Your Love (1991)
C+C Music Factory - Gonna Make You Sweatをいただき!
流行に乗っかるのがうまいです。



49ers ‎– Die Walküre (1988)
Chas Jankel - Glad To Know Youのギター
Chaba Fadela & Cheb Sahraoui - N'Sel Fikのセリフ
Freez - I.O.U.のアカペラ後半をスクラッチ
Pigbag - Papa's Got a Brand New PigBagのフレーズ
・James Brownのブレイク、声
など盛りだくさんのサンプリングハウス。



49ers ‎– Touch Me (1989)
Aretha Franklin - Rock-A-Lottの歌をそのまま使用。
同じイタロのBlack Boxと比べるとドライな感じで低音もゴツく
ハウスというよりテクノっぽい感じですね。
アメリカでも大ヒット、ビルボードダンスチャート1位。



49ers - Don't You Love Me (Hip House Mix) (1990)
MC Magix Maxの曲と二個イチにしたバージョン。
この曲も太いベースが鳴っていてかっこいいです。
ふたたびビルボードダンスチャート1位。


49ersはその後メンバー交代を経て1998年まで活動。
そこから10年の休息期間を経て、2010年に復活します。



49ers - Je Cherche Apres Titine (2010)
Yolanda Be Cool - We No Speak Americanoをいただき!
やってることが昔と変わってねえ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。