スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peter Slaghuis (オランダ)


Peter Slaghuis (1961 - 1991)はオランダのDJ/プロデューサー。
1981年 彼はDJ用にディスコMIXのテープ作りをはじめます。


ABBA ‎– Lay All Your Love (Peter Slaghuis Edit)
彼の作るアンオフィシャルEDITはDJに好評だったようで
この曲も入ったDisco BreaksシリーズはVol.14までリリースされます。
若干20歳で、今のように機材も安くない時代。当然ながら
テープでのエディットでしょうが、すごいですね。


)
Video Kids - Woodpeckers From Space (1984)
イタロディスコで有名なAdams & Fleisner (X-RAY Connection)
によるエレクトロ歌謡で、今度は歌手として活動します。
続編"Do The Rap"とともに、世界中のディスコで流行りました。

)
ピングーもノリノリ。みんなが知ってる曲なんでしょうね。


こうした活動のあいだもリミックス仕事は順調で、
DMCではMadonnaの曲も手がけました。

)
Nu Shuuz - I Can't Wait (1996)
「レコード会社にリミックス頼まれたけど、俺この曲嫌いだから
フック生かして、サンプル加えて、あとミックスを少し変えただけで
提出してやったんだ!」(Mixmag 1989)


サンプラーのAKAI S900をいち早く買って活用した
このリミックスはアメリカでも大ヒット。

「こんな売れると思わなかったから、150ポンドで契約しちまった。
 印税にしてりゃよかった、チクショー!」(Mixmag 1989)


このヒットの後、彼はロッテルダムでハウスDJとして活躍します。
シカゴの熱い波がオランダに到達!

)
Hithouse - Jack To The Sound Of The Underground (1988)
Hithouseの名は、本名のSlaghuisを英語に直したもの。
持って生まれた名前がHithouseで、しかも本当にヒットするとは。


サンプリングを多用したアシッドハウスはシカゴよりキャッチーで
日本のディスコでもかかりました。世界的なヒットをうけ、彼は
D.J.Internationalのオランダツアー時に地元代表でMCをつとめました。


1990年 自らのレーベルを開始。
ここではレイヴスタイルを開拓し、ハードコアなサウンドをリリース。
Probrem House名義では若かりし頃のSpeedy Jも参加しています。

)
Holy Noise - James Brown is Still Alive (1991)
DJ仲間であるPaul ElstakとHoly Noise結成。
中年テクノファンならおなじみ、後のロッテルダムレコード総裁です。
L.A.Style - James Brown is Deadのアンサーソング。


ジュリアナテクノ全盛の波にも乗り、器用にヒット作を出し続ける彼の
プロデュース力はかなりのもの。あのロッテルダムのガバも
元をたどるとシカゴハウスの影響があったなんてすごいですね。

しかし、彼は1991年、交通事故によりこの世を去ってしまいます。
まだ30歳の若さでした。

今回の紹介は主に彼の母親による紹介サイトから引用しました。
ゴールドディスクを多数受賞していたり、歌謡番組にも登場するなど
ずっとヒットし続けていた資料を見ることができます。


<以前BootyMusicjapanへ書いたものを再編集しました>
スポンサーサイト

DJ Lelewel (イタリア)


DJ Lelewel (Daniele Davoli)はイタリアのDJ/プロデューサー。
1981年に北イタリアのボローニャでDJをはじめ、レコードをリリースします。


DJ Lelewel - House Machine (1987)
ファンキーなベースにピアノ、スクラッチも入ってかっこいいのですが
あまり売れませんでした。しかしこれを聴いたクラリネットの先生
Valerio Semplici、スタジオエンジニアのMirko Limoniと意気投合。
3人でユニット"Groove Groove Melody"を結成します。



Black Box ‎– Ride On Time (1989)
ボーカル(口パク)にモデルのKatrin Quinolを加えてできたこの曲は
大ヒット、UKにも飛び火して6週間にわたりチャートインします。
サンプリングで音階つけてワ、ワ、ワー言うてるところまで
きちんと口パクしてるのがおもしろいですね。

この曲は元ネタの Loleatta Holloway - Love Sensationを無許可で
サンプリングしていたため、多額のロイヤリティを求められてしまいます。
HollowayはUKの番組でオリジナル生歌版を披露し、口パクを証明したそうです。

彼女はその後のシングルで正式に歌うことを提案しましたが
Martha Washがより安いギャラで新しい裏シンガーになりました。
MarthaはC+C Music Factoryでも同様に口パクの裏シンガーをやっています。



Starlight - Numero Uno (1989)
間を空けず別名義でどんどんリリースした彼らは
なんとUKトップ10へ同時に3曲もランクイン。



The Mixmaster ‎– Grand Piano (1989)
Phortune - String FreeやTyree、Ralphi Rosarioなど
シカゴ勢のネタも盛り込んだメガミックス曲。
デトロイトのNew Dance Showでも盛り上がってますね!



DJ Lelewel - Magic Atto II (1989)
Black Boxほど歌い上げず、ファンキーなトラックに
ピアノが効いているぶちあげトラック!かっこいい。


Black BoxのヒットによってUKで名前の売れた彼は
イビサなどでDJをしていましたが1997年過労により引退。
しかし2年後には復活し、自分のレーベルPropaneをはじめます。



Paul Oakenfold's Perfecto Tour@Turnmills with Daniele Davoli
最近でもPaul Oakenfoldらと楽しくDJしています。
Black Boxの2008年Remixでピークの盛り上がり。


Daniele Davoli - The Eurodance Encyclopedia
The Rough Guide to House Music
※Discogs - DJ Lelewel, Black Box, Martha Wash, Daniele Davoli

K-Yze (ニューヨーク)


K-Yze (Kevin Davis)はニューヨークのラッパー。
HipHopのKYZEとは別人です。


K-Yze ‎– Stomp (Move Jump Jack Your Body) (1989)
Adevaなどを手がけるニュージャージーのハウス職人
Smack Productionsがプロデュース、RemixはTony Humphries。
ビルボードダンスチャートでいきなり12位の大ヒット。
この曲は相当売れていたみたいで、日本でもよく見つかります。



K-Yze ‎– Sweat Dance (1992)
引き続きSmack Productionsのプロデュース。3年ぶりなので
本当は一発で終わるプロジェクトだったのでしょうか。
前作を上回るビルボードダンスチャート4位
PVがムキムキの裸か黄色のダブルスーツ着用で熱いです。



K-Yze ‎– Shout It Out (1992)
Hula, K. Fingersプロデュース、Mauriceがリミックス。
おなじみシカゴトリオが参加してきました。
メジャー仕事を経て80年代とは違う音作りになっています。



あれから20年。元気にやっているようです。

L.B. Bad (ニューヨーク)


"Prince of Dance Music" L.B. BadはNYのハウスアーティスト。
凄腕のドラマー/パーカッショニストだった彼は
80年後半に深すぎるディープハウスを作っていました。



L.B. Bad ‎– Just Don't Stop (1988)
1987年にパラダイスガレージが閉店して
ディープハウスは地下へ潜っていきました。
シカゴがアシッドハウスで盛り上がってるころ、
NYではこんな音が生まれていたんですね。



L.B. Bad ‎– I Like To Move (1990)
静かでグルーヴィーなヒップハウス。
音がよければ最近のリリースといわれても信じてしまいそう。



Lord KCB ‎– I'm Housin' It (1989)
ガラッと作風を変えて派手なヒップハウス。
途中でエレクトロのビートが入ったり楽しいです。



L.B. Bad ‎– Body Mechanix Authentic Garage Groove (1989)
彼はアナウンサーの学校に通い、ラジオでDJをしていました。
ヨーロッパに住んでいたこともあり、ベルリンのKISS FMで
4年間に渡って自分の番組"Wow What's That!"を担当。

なんとあのBasic Channelの初期にも関わったそうです。
いわれてみればこのバージョンBasic Channelぽい音色ですね。



L.B. Bad ‎– The New Age Of Faith (1989)
Sabres Of Paradise "Smokebelch2"の元ネタ。
もはやビートもなく、最高に美しい。

この曲のYouTube動画には本人によるコメントがあり
「Weatherallとそのレーベル、あとCafe Del Marは
発売当時まったく敬意を払わなかったんだ!」と怒ってます。



Samuel L Session Feat. Elbee Bad ‎– Preach On (2010)
彼は長年アンダーグラウンドな存在でしたが
1999年にDJ HellのGigolo、2012年にオランダのRush Hourから
再発され日の目を見ることになりました。
音楽活動は2014年の今でも続けています。

RA: Elbee Bad
RA Exchange: 139 Elbee Bad
Bobby Konders Feat. Massive Sounds - A Lost Era In NYC 1987-1992 Images
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。