スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.C. Sar & The Real McCoy (ドイツ)


M.C. Sar & The Real McCoyはドイツのグループ。
1983年、ラッパーのO-Jay (Olaf Jeglitza)はベルリンのDJ
Quickmix (Frank Hassas)と一緒に音楽作りを始めます。

彼らはドイツのヒップホップシーンを紹介するミニコミ作りや
テープ作り、ラジオ番組、ヒップホップのレコードリリース
レーベル「Freshline」など精力的に活動しました。



M.C. Sar & The Real McCoy - Get Funky (1989)
二人はZYXレコードのA&Rに依頼されM.C. Sar & The Real McCoy名義で
Technotronic"Pump Up The Jam"のカバーをリリース。
B面に入ってるこの曲が勢いあるヒップハウスでかっこいいです。



M.C. Sar & The Real McCoy - It's On You (1990)
O-Jayはラッパーとして前に出ることが嫌になったため、ビデオには
"Rapper" Shamproが口パクで出ています。
Raze - Break 4 Loveネタ。



Sugar Daddy - Are You Ready? (1990)
Freshline Allstars名義でMixとプロデュース。
さわやかポップなヒップハウス名曲です。


1992年、ZYXの売り上げ低迷により彼らは活動を停止。
一旦はカメラマンのアルバイトにもどったO-Jayでしたが
翌1993年にはドイツの大手Hansaと契約します。

A&RのトップDavid Brunnerはこれまで女性ボーカルを担当していた
Patricia "Patzy" Petersonの歌が良くないと考え、スタジオで録音した
Karin Kasarの歌に口パクすることを命じました。



M.C. Sar & The Real McCoy ‎– Another Night (1993)
このシングルはドイツで18位、ヨーロッパ中でヒットします。
これに目をつけたのが米Arista Recordsの社長Clive Davis
Ace Of Baseの成功で次を探していた彼は契約を求めました。



M.C. Sar & The Real McCoy ‎– Another Night (U.S.Version) (1994)
新たに女性メンバーVanessa Masonを加えPVも作り直し
USでも大ヒット、なんとビルボードTOP3に入ります。
100万枚を超えるセールスを記録し、アメリカで最も売れた
ドイツアーティストのシングルになりました。



M.C. Sar & The Real McCoy - Run Away (1994)
日本ではこっちの曲の方がヒットしましたね。
小室系、2unlimitedと一緒に流行っていた感じです。
スポンサーサイト

Scrappy (シカゴ)

70年代後半、クラブWarehouseでFrankie Knucklesらと
イベントを行っていたDavid "Medusa" Sheltonは
1983年10月に新しいクラブ"Medusa's"をオープン。


一番上の家マーク。中心部からは少し離れていますね。


大阪で言うと大日のイオンあたりです。

当時コロラド州デンバーからシカゴに移転してきたレコードショップ
"Wax Trax!"がベルギーのFRONT242を紹介していたため
エレクトロ、ハウス、インダストリアル、ニューウェーブが
ごちゃ混ぜにかかると大人気のクラブになりました。


Front 242 - Headhunter (1988)

しかしMedusa'sは住宅街にあったため、付近住民から迷惑がられます。
1987年、深夜から朝10時まではジュースバーを閉店せよという
条例が通りWarehouseやMusic Boxも影響を被りました。
皮肉なことに、Medusa'sは早い時間の営業だったため免れました。

健全な時間にノンアルコールで盛り上がっていたMedusa'sに
一人の個性的なDJがやってきました。シカゴ生まれのDJ
Jonathan "Scrappy" GilbertはハウスとニューウェイヴをMIXし
アシッドハウスという言葉をシカゴのクラブに広めます。



Scrappy & The Box Boyz - Desire (1988)
彼はインダストリアルのユニットDie Warzauを雇い
スタジオで自分の曲を作り始めました。
どうりでリズムがハウスじゃなくてゴツゴツしていますね。
この曲はUKのアシッドハウスコンピだけで聴けます。



Scrappy – Touch Me (1988)
ハウスのリズムになりましたがブレイクが特徴的。
シカゴは昔から変な曲でも気にせず作るのが最高です。



VL & The Porch Monkeys - Hello Lover (1988)
Die Warzauのメンバーが別バージョンも作成。
どっちもボツなのかコンピでしか聴けない、地味な対決です。



Scrappy - Love Motion (1989)
裏面がヒップハウスなのですが動画がありませんでした。
この曲もメガミックス調でかっこいいですね。



Derrick May
「Medusa'sに行ったのは人生最悪の日だったな。
 受付のやつがゲストリストを見せて
  『ここはお前みたいなのが来るところじゃない、
   Power Plantがお似合いだ』なんて言うから
 思い切りぶん殴ったら気絶してしまったんだ。
 おかげで俺は21歳の誕生日を留置所で迎える羽目になった!」
 

Rhythm Is Rhythm - Strings Of Life LIVE (1989)

RA:Medusa's: Chicago's missing link
Scrappy Beats!
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。