スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jesse Velez (シカゴ)

Jesse VelezはシカゴのDJ / プロデューサー。
1985年ごろ、Hot Mix 5のRalphi Rosarioとともに
ラテン系シカゴハウスのパイオニアとして活躍しました。


Fire 121 (1985)

明るいエレクトロでとてもかっこいいです。
レコードはTRAXの中でもずば抜けて音質が悪かったのですが
このリマスター版はかなり良くなっています。


Benji Espinoza (D.J.International副社長)
「Farley "Jackmaster" Funkがレジデントのクラブ
 Candy Store(元Playground - Jesse Saunders参照)
 で彼を雇ったんだけど、お客さんをものすごくロックしてね。
 
 くやしがったFarleyは背が低い彼が立っている台を蹴っ飛ばした。
 ターンテーブルが天井からチェーンで吊るされてたんで、Jesseは
 チェーンにしがみつきながらプレイを終えたんだ!」




Laugh The Night Away (1985)
出だしがラップのかっこいいリズムトラック。
リズムに独特のタメがあってファンキーです。



Alex Ruiz ‎– Fire & Ice (1985)
友人Alexの曲をRemixしたもの。
感情たっぷりに歌い上げる哀愁ボーカルがたまりません。
間奏にはちょっとしたラップも入り、もう満点。
2012年にシカゴのKstarke Recordsから再発されています。


彼はレコードの売り上げでカワサキのバイクNinjaを買います。
しかし、事故にあい足を3ヵ所も大怪我するはめに。
杖や車椅子が生涯手放せない生活になってしまいました。

Benji Espinoza
「彼は車椅子の時でもD.J.Internationalに来ては
いろいろと手伝ってくれた。給料は一切受け取らずにね。
みんなとたむろしたいだけだって言って。すごい奴だよ。」




Girls Out On The Floor (1985)
TRAXより先のアルバムからのシングルカット。
歌とラップのにぎやかな曲で大ヒットしました。


しかし、彼はこの曲がリリースされる前に
自らの命を絶ってしまったのでした。


それから9年。



UKのプロデューサーDave Lee (Joey Negro)が
この曲を復活させます。



The Hed Boys ‎– Girls + Boys (1994)
印象的なフレーズを完全に活かしています。さすが!
ジャケがハンドバッグなのは当時流行ったハンドバッグハウスから。

※https://www.facebook.com/HISTORYOFHOUSEMUSIC/posts/130827812832
スポンサーサイト

Martin Boer (オランダ)

Martin Boer (1970~)はオランダのプロデューサー。
彼もRuud van Rijenと同じく、Ben Lieblandの
ラジオプレイに影響を受けDJと曲作りをスタートします。


2 Static ‎– Boy I'll House Ya (1990)
女性ラッパーNasty Chatのヒップハウス。
ディスコのメガミックス仕事が作曲に生かされていて
途中でどんどん曲調が変わるのが楽しいですね。



2 Static - Feel The Beat (1990)
Move Your BodyTechnotronicを軽~くいただき。
このようにシカゴの方法論をチャラく味付けしたのが
初期ユーロハウスの良いところ。この雰囲気がヒップハウス!



2 Brothers On The 4th Floor - Can't Help Myself (1990)
兄のBobby Boerとのプロジェクト。嘉○達夫によく似た
ラッパーDa Smooth Baron MCをフィーチャーしました。



2 Brothers on the 4th floor - Turn da music up (1991)
襟足のアメリカンっぷりに磨きがかかった2nd。
このフェイクファーの部分がやたら長いジャンパー
昔のヤンキーがすごい着てました。



Mr.Lee ‎– Take Me Higher (1991)
なんとシカゴから出てきたMr.Leeをプロデュース!
シカゴとユーロハウスがガッチリ繋がった!



Exclusive System ‎– Get On Down (1992)
80年代前半からハイエナジーを作っていたErrol Lafleur率いる
Team3とのコラボ。Shakatak - Down On The Streetネタ。
哀愁あるピアノがたまりません。




Asia ‎– Sukiyaki (1993)
Team3プロデュースのアジア人3人組。
上を向いて歩こうをテキトーなアジア感でカバー!
これは元気出るわ~

Sydney Fresh (ドイツ)

昔、学校で「こんな髪型は禁止」というプリントを渡されました。
毛染めやパーマに混ざって「ウルフカット」という、
プロレスラーのような襟足の長い髪形が描かれていて
ヤンキーがやるからか、関西ではそれをアメリカンと呼んでいました。


Sydney Freshはパリに生まれ、ドイツで活躍したラッパー。
この髪型は、まさしくあのプリントで見たアメリカン!



Party Rap (1988)
1stシングル。まだこのときは襟足も長くなくて
チェッカーズ風に前髪の一部を長くしています。
当時はこのようにMCをいれてDJしていました。



Sidney Fresh Glaspalast Dinslaken, Black Dance Night (1990)
3rdシングル "Move Your Body"のライブ。オリジナルより
テンポ早めで、ブレイクダンスも入って楽しそう!
アメリカンなえり足はこのころが一番長く、束ねています。



You Rock The House (1991)
ハードコア前夜、ビートが軽く早くなりサンプルの連発も
雑になってきたヒップハウス。多くのヒップハウスラッパーは
このユーロダンス路線に乗っかり消えてしまいます。



Passpar 2 feat. Sydney Fresh - Here We Go (1995)
アイドルの歌をにぎやかすためのラップ。ラッパーはおまけ。
「今時アメリカンはない」と思ったのか髪型をドレッドに変えました。



このまま消えるかと思ったのですが、1997年からはグループ
Good Guyzで音楽活動を継続。Usherのドイツ公演をサポートしました。



SYDNEY-7 - Rock'n'Roll (2013)
シドニーは音楽活動をやめへんで~!
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。