スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mark Imperial (シカゴ)

Mark Imperialはシカゴ郊外のDJ / アーティスト。
80年代前半、DJに合わせて口パクやダンスなど
お客さんを巻き込んだ演出で人気でした。


左下の緑マーク、イリノイ州ボーリングブルック地区です。


大阪でいうと関西国際空港の先、海上です。



Mark Imperial - J'adore Danser (1985)
HotMix5クルーにかわいがられていた彼は早くから曲作りをします。
こちらはRalphi Rosarioと作った曲。ハウス黎明期だったこともあり
大ヒットし、自身のレーベルHouse Nationをはじめました。



No Name – Jason's Revenge (1986)
まだ歌モノ中心の初期ハウスで異質な作品。
デトロイトのDJ Electrifying Mojoがプレイしたことで有名になり
Derrick Mayは影響を受けた曲のひとつにあげています。

2年後の1988年、彼はいち早くDerrick Mayの才能を認め
はじめてのスタジオに誘います。Kevin Saundersonとも
交流があり、デトロイトテクノの誕生に貢献しました。



Mark Imperial & Dennis Ramirez ‎– Rock This House (1987)
曲の後に謎の逆回転メッセージがあり、逆再生すると
"Hey Dude, why you spinning this record backwards,
 I ain't saying' anything important."
(おい、なに逆再生してるんだよ、大事なことなんか言わねえよ)
という内容。たけしの挑戦状っぽい。



Mark Imperial & Co. ‎– She Ain't Nuthin' But A Hoe (1988)
シンプルすぎるスカスカなアシッド。303の垂れ流しではなく
ボイスとの隙間が絶妙で、かえって今風に聴こえますね。
2012年にSLOW TO SPEAKによるエディットもリリースされました。



Laurent X ‎– Machines (1988)
アシッドハウスの名曲!87年"Freedom"をヒットさせた
The ChildrenのメンバーVinnie Divineとのユニット。
この曲は同じくメンバーだったAdonisから借りたTB-303で作られました。



Laurent X - It's Magic (1989)
ディスコ調の陽気なヒップハウス。ファンキーでカッコイイです。
いろんな曲調で器用にやりますね。



Mark Imperial & Co. – The Love I Lost (1988)
最大のヒット曲となったガラージハウス。
TRAXやDance Maniaで活動したKevin Irvingがボーカル、
Mike "Hitman" WilsonがMixを担当。


その後、彼は企業コンサルタントやマーケティング
ウェディングプランナーや著書の執筆、DJのためのフライヤー作り
など事業を精力的に行いました。キックボクシングや空手も黒帯。
音楽の方は2001年に一度復活しています。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。