Wilko (イタリア)

Wilko (Cateno Domenico Nicolosi) はイタリアのコンポーザー。
DJ Larry Jのプロデュースでヒップハウスを作りました。


Level 2 ‎– I Feel You Baby (1991)
ラッパーは使わず、別の曲(Doug Lazy - Let The Rhythm Pump)の
アカペラを使用してピアノを入れる、イタロヒップハウス定番の作り。
元曲より明るくPOPに仕立てるのがうまいです。



Selector ‎– Move Your Body (1991)
Paris - The Devil Made Me Do It
MC Miker "G" - Show'm The Bassを掛け合わせるネタ使い。
無茶な作りもサビのキャッチーさで全部OKにしています。



Fifty Hertz - Get Up (1991)
Kid 'n Play - Fun Houseネタ。渋いアカペラでなく
有名曲を丸々使ってしまう潔さ。かっこいいけど物足りない、
だからピアノ入れて改造っていう素直な作り方がすばらしい。



Talysa ‎– Living For Love (1991)
90年代後半にTimeの日本向けユーロビートでボーカルを務める
Emanuela Gubinelliのヒップハウス。綺麗な歌モノの出だしに
ファンキーな声ネタをループする作り方がシカゴっぽいですね。



Regina Lee ‎– You Are Family (1992)
New Music Internationalのレーベルオーナーがプロデュースした
再びEmanuela Gubinelliの歌モノハウス。今度はピアノも入る
POPな売れ線ながらすごくいい曲です。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ