スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jamie Principle (シカゴ)



Jamie Principleはシカゴ サウスサイド生まれのアーティスト。
教会でドラムとクラリネットを演奏していた彼はニューウェイブに
影響を受け曲作りをはじめます。リズムマシンも無く、4トラックMTRで
作られたハウスの原型はクラブPowerPlant・元Warehouseの
有名DJ Frankie Knucklesへと渡りました。


Your Love (1984 - Release 1986)
「この曲はリサ・ハリスという彼女への思い、
 会いたいって気持ちを詩のように歌った曲なんだ。」
1982年のイタロディスコ、Electra"Feels Good"を下敷きにした
感情に訴えるロマンチックなハウスはクラブで大ヒット。
リリースは後になりますが、最初に世に出たハウスといわれています。


Waiting On My Angel (1985)
はじめてレコードでリリース。
リリース前の評判はものすごく、売れる予定でした。


Bad Boy (before 1986 Release 1988)
「大騒ぎして、何もかも忘れたいんだろ。
 さあ、1015に行ってめちゃくちゃになろうぜ」

1015=North Halsted Street 1015。
これはクラブPowerPlantの所在地です。


緑の下の方がWarehouse、上がPowerPlant。


東大阪から鶴見緑地へお引越しした感じです。


Baby Wants To Ride (1988)
何やらエロい歌詞のようです。

この後、彼はSteve "Silk" Hurleyらとヒット曲を作り
CeCe Peniston ‎– I'm Not Over Youでクラブチャート2位を記録します。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。