Young MC (ロサンゼルス)


Young MC (Marvin Young)はロンドン生まれニューヨーク育ちのラッパー。
カリフォルニアの大学で経済学を先攻中、Delicious Recordsの二人
Michael RossとMatt Dikeに出会い、契約します。



Know How (1988)
Matt Dikeの属するDust Brothersがプロデュース。
このグループは同時期にBeastie Boysの製作にも関わっています。
(Chemical Brothersの前身Dust Brothersとは別物)



Bust a Move (1989)
レーベルの二人と彼がプロデュースしたTone-Locが大ヒット、
1989年2月"Wild Thing" ビルボード2位
1989年4月"Funky Cold Medina" ビルボード3位の快挙。
これに続けとリリースされたこの曲も明るい雰囲気でヒットし
1989年10月ビルボード7位、グラミー賞を受賞しました。


その後レーベルの二人と音楽制作のやり方で意見が食い違い、
彼はレーベルを去ることに。訴訟問題にまで発展してしまいました。
1991年、新たにCapitol Recordsと契約しセカンドアルバムを発売。

Brainstorm (1991)
このアルバムが一番のオススメ。BPMの速い曲が多く
ヒップハウスとも非常に相性がいい感じです。


Life In The Fast Line


Album Filler

その後は落ち目になり、「かえってきた一発屋」というアルバムを
出したり(1997)ダイエット企画のテレビに出て痩せたり(2006)しています。
一連の流れはこちらに楽しく書かれていましたのでぜひご覧ください。
Where are they now?? - Young MC は今



Weakest Link – Rap Stars Edition (2002)
人気のクイズ番組に出演。冒頭から「ヒットはあるの?」といじられています。
B-Real(Cypress Hill)、Run(Run-D.M.C.)、Nate Doggなど錚々たるメンツと
勝負し、大穴の彼が優勝してしまいます。いいぞ一発屋!
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ