D.Mob (UK)

彼らの音の特徴を一言で言うと、「わかりやすいダンスミュージック」
といったところか。アンダーグランドではなく、かといって
売れセンねらいのミーハーポップスでもない。ちょうどその中間を行く
サウンドがイギリス、アメリカの大衆に受け入れられた原因であろう。

(富家 哲氏 "C'Mon And Get My Love" 日本版シングルジャケットより)


D.Mob (Daniel Kojo Poku)はUKのハウスプロデューサー。


I Know You Got Soul - Eric B & Rakim (Double Trouble Remix) (1988)
Cooltempoレーベルの仕切りとB面のリミックスを手がけていた彼は
Housemartins終了直後のNorman Cookと一緒に仕事をしました。
(リミックスワークで有名なDouble Troubleとは別物です)


We Call It Acieeed (1988)
その年の秋にはハウスに挑戦。UK3位USダンスチャート1位
シカゴのバッドトリップなアシッド感と違い、POPで楽しそうですね。
ダンサーがThe Residentsぽい仮装をしているのは何でなんだろう。
Simon Harrisによるリミックスは303のアシッドハウスになっています。



Put Your Hands Together (1989)
O'JAYSネタのヒップハウス。UKチャート7位。
ヒップハウスの能天気さにこの体形とショルキーが合う!



It Is Time To Get Funky (1989)
日本のディスコでもかかっていたファンキーなヒップハウス。
UKチャート9位、USダンスチャート1位
こんなにいいのに、ラッパーが毎回一発屋なのが不思議です。



C'Mon And Get My Love (1989)
女性ボーカルのPOPでキャッチーなハウス。
Cathy Dennisのかわいいルックスも手伝って超ヒット!
UK15位、USダンスチャート1位ビルボード10位!!
日本でも8cmCDで発売されました。
メリル・ストリープ主演の映画「She Devil」にも使われています。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ