スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doug Lazy (ワシントン)


Doug Lazy (Gene Douglas Finley)はワシントンのプロデューサー。


Let It Roll (1989) 週間クラブチャート1位
80年代前半にSalsoul Recordsなどからディスコヒットをリリース、ハウスでも
"Break 4 Love" が有名なVaughan Masonのプロデュースでデビュー。
セカンド・サマー・オブ・ラブまっただ中のレイヴでヒットしました。
これを受けてすぐ後にSNAP! "The Power" C+Cが出てきます。



Let The Rhythm Pump (1989) 週間クラブチャート1位
こちらもUS、UK、ドイツで16バージョンも発売される大ヒット。



Can't Hold Back (1990) 週間クラブチャート5位
椅子でウトウトしていると「ビデオの撮影だ!」と起こされ
ブーティーな軍団のダンスに囲まれる。この空気こそがヒップハウス。
NewJackSwingっぽい音の選び方も当時の空気でたまりません。



H.O.U.S.E. (Re-Modelled mix) (1991) 週間クラブチャート1位
オリジナルも特徴的なシンセがかっこいいけど、こちらのRemixは
Kraftwerk "The model"をまんま使ったナイスミックス!
同年にはKraftwerk自身もハウスアルバム「The Mix」を発売しています。



Little Louie & Marc Anthony - Ride On The Rhythm (1991)
Atlanticレーベルつながりでしょうか、お洒落なハウスの間奏ラップ。
クセのない、どんなトラックにもあう声ですね。




現在、彼はKnockSquaredの名前でYouTubeのアカウントを持っていて
Native Instruments Maschineの作曲などを実況しています。この動画は
買った後必死で封あけるまでを中継したもの。ニコニコ動画か(笑)
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。