スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KC Flightt (ニューヨーク)


KC Flightt (Frank Toson Jr.)はNYのラッパー。


Let's Get Jazzy (1987)
UKのCookie Crew"Rok Da House"と同年、Fast Eddieより早く
ヒップハウスをリリースしています。ミックスは後のハウス大御所Blaze。



Summer Madness (Love Is In The Air Mix) (1989)
マドンナの曲も手がけるDJ、Mark Kaminsによるリミックス。
ブレイクビーツとアシッドがうまく融合したすばらしい作りです。



Planet E (1989)
こちらが大胆な問題作!USポスト・パンクTalking Headsの80年作
David ByrneとBrian Enoがアフリカン・ポリリズムに挑戦した
4thアルバムの曲をまるまる使いました。その曲がこちら。

Talking Heads - Once In A Lifetime 投稿者 hushhush112
Talking Heads - Once In A Lifetime (1980)
上物がJamie Principle "Baby wants to ride"
に差し替えられてるのもニクイですね。


Jump For Joy (Black Box Remix) (1991)
イタロハウスのBlack Boxがリミックス、能天気度がアップした
イケイケヒップハウス!当時っぽいシンセの音がたまりません。

この曲は現在レゲエ、当時はNU GROOVEからハウスを出していた
Bobby Kondersによるしぶいバージョンもあります。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。