スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fast Eddie (シカゴ)


Fast Eddie (Edwin A. Smith)
いわずと知れたヒップハウスのレジェンド。



Can U Dance (1987)
1986年、彼はシカゴのラジオWGCIでMIX番組を開始します。
在籍中にKenny "Jammin" Jasonと競作したこの曲は
POPなダンスチューンで、日本でもディスコを中心にヒットしました。



Acid Thunder (1988)
その後WBMXに移るものの、曲作りに専念するため88年にはラジオを引退。
(HotMix5のパイセンがやってくるのが嫌だったんでしょうか?)
そしてこのアシッド史に残る名曲をリリース。この時代、TB-303の
安易な垂れ流しが多い中、シングルバージョンは歌入りでベースと上モノ
両方にTBを使用、しっかりと曲として成立させています。
ヤバイ物をPOPに仕立て上げる、この距離のとり方がすばらしい。


さて、いよいよ彼の代名詞「ヒップハウス」期にはいります。



Yo Yo Get Funky (1988)
定番ブレイクLyn Collins "Think"を4つ打ちのビートに落とし込み
ハウスのBPMでラップし、バンバータの声ネタをふりかける。
この単純だけど新しいサウンドはアメリカ、フランス、スペイン、イギリス
ドイツ、オランダのレーベルに次々とライセンスされました。

"Hip-house is a new style that I created all around the world
they're devastated by the hip, which is short for hip-hop and
by the house, which is rising to the top."
「ヒップハウスは俺が作った、まったく新しいスタイル。
ヒップとハウス、足元からてっぺんまで世界中がイチコロさ。」



Make Some Noise (1990)
意味のない歌詞、軽~いノリではじめた彼は1990年、ギャングスタラップに
方向を転換。サイレンが鳴り響くこの曲は、雰囲気が今までと違いました。


1991年、ヒップハウスはレイヴミュージックの台頭とともに
古いスタイルになってしまい、彼の人気も衰えていきました。
アルバムとしては最後の「Straight Jackin'」をリリース。
皮肉にもデビュー当時のような楽しい音作りの曲が多く
アルバムとしては最高傑作だと思います。

<以前BootyMusicjapanへ書いたものを再編集しました>
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。