スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Farley"JackMaster"Funk (シカゴ)


Farley Keith Williams (1962-)はシカゴのアーティスト。
ガタイ良く、TYREE同様ジャイアンっぽい人です。


Pump-N The Bass (1985)
デビュー作からこのイカれっぷり。現在のJUKEまで通じる
シカゴトラックスの狂った型ができあがりました。


Jack The Dick (1985)
Chip E - Time to Jackと一緒に、何かからBASSをJACKした作品。
かっこいいフレーズは拝借して、下ネタを入れるシカゴの掟を作りました。



Love Can't Turn Around (1986)
Ron HardyがIsaac Hayes"Can't Turn Around"をEDITしてプレイ。
Steve "Silk" HurleyのハウスカバーはUSクラブチャートで1位を記録。
当時Hurleyのルームメイトだった彼はそのヒットを見て
さっそくパクろうとひらめきました。

ハウスの元祖・Jesse Saundersと一緒にトラックを作り
TRAXのオーナー・Vince Lawrenceが作詞を担当。
ボーカリストには教会の歌手をしていたDarryl Pandyを起用。
作戦は成功し、UKのロンドンレコーズから発売され
チャート2位を記録、Top of The Popsにも出演しました。


A Blackman A Blackman And Another Blackman - I Believe (1987)
2 Puerto Ricans, a Blackman, and a Dominicanのヒットに影響を受けたのか
黒人、黒人、そして黒人。俺だ俺だ俺だ。
酔っ払って名前だけ決めて「それおもろい!出そうや!」みたいな。


Free At Last (1989)
サウスサイドの大人数を引き連れてヒップハウスに挑戦。
Yo!MTV Rapsに出演しました。
黒人も白人もみんなランニングマンで楽しそうですねー。



2007年のライブ。当時と何も変わらないまま、コール&レスポンスまで
起きているシカゴはものすごいです。歌っちゃってる。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。