スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Werner Wichtig (ドイツ)

Technotronicは100万枚ものセールスを記録しました。
売れると出てくるのが企画物、替え歌です。
今回はドイツの愛すべきパチ物を見てみましょう。


Werner Wichtig - Pump ab das Bier (1989)
Pump Up The Jamのカバー。細かいことはいいからビールだ!
と歌っています。このシングルがあろうことかバカ売れ、
ドイツのチャートで3週間もの間1位になってしまうのでした。


ベストテン的な番組での一コマ。
なぎら健壱似のおじさんとものすごいヒゲ坊主がビールビールと
気持ちよく歌っています(エアギターで)

このヒットに気をよくした彼らは、セカンドシングルでも
Technotronicをネタにしました。


Werner Wichtig - kebab (jetzt kommt maradona) (1990)
Get Upのカバー。歌詞はわからないのですが、1990年のワールドカップに
ひっかけ、マラドーナとケバブについて歌っているようです。
時事ネタからめてどうにか売ろう感、たくましい(笑)
スポンサーサイト

Technotronic (ベルギー)


Technotronic (ベルギー、1989-)は世界最年少女性ラッパー
Ya Kid K、MC Eric、Hi Tek 3を中心としたグループ。
代表曲「Pump Up The Jam」が世界中で大ヒット、アメリカでは
100万枚のセールスでビルボード2位を記録しました。


Pump Up The Jam (1989)
Ya Kid Kがまだ15歳の学生でライブに出られないので
モデルのFellyが口パクでPVに出演しています。
ディスコでヒップハウスといえばこの曲と言えるほど
有名なこの曲は、はじめインストでリリースされました。


The Pro 24's - Technotronic (1989)
このシンプルなオケはなんとシカゴのFarley Jackmaster Funk
"The Acid Life"が元ネタ。シカゴのマニア向けアシッドが
形を変えて超ヒットにつながるんだから、わからないもんですね。




Get Up! (Before The Night Is Over) (1989)
Mr.Lee同様、ヒップハウスでエクササイズ。これもヒットし
ビルボード7位を記録しました。この曲もFarleyの音が鳴ってますね。


Hi Tek 3 - Spin That Wheel (Turtles Get Real) (1989)
カメ忍者でおなじみ、ミュータントタートルズのサントラに収録。
映画の公開後、ビルボード15位まで上昇しました。


Rocking Over The Beat (1990)
同じくタートルズ3のエンディングに使われたさわやかヒップハウス。
タートルズは2003年に復活、2007年にテレビ東京でも放送されていました。
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。