スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neil "Hawaiian" House (シカゴ)


Neil "Hawaiian" Houseはシカゴのアーティスト。
80年代に"Spinnin' Wheel" Bill, Dezzらとヒップハウスを作りました。



DZ's Pump Girls - Pump It Up (1986)
TRAXの前身Precisionから歌モノハウスを出していたDezzは
いち早くこんな陰気でグルーヴィーなハウスもリリースしていました。
この曲のMixにはヒップハウス前のFast Eddieが参加。



The Pump Girls - Get On It (1989)
さっきの曲で歌っていた女性3人がラップしています。
Neil "Hawaiian" HouseとDezzで作りました。
その辺の女の子がラップしたような脱力感がたまりません。



Neil Hawaiian House ‎– Too Good To Talk To (1989)
今度はRhythm-N-Rhymeという女性がラップ。
何人か居るみたいだしさっきの人らじゃないのかな?
トラックもラップもいいアシッドヒップハウスです。
1拍目のキックをでかくしすぎるのTyree流ですね。



Neil Hawaiian House - Feel The Hip (1989)
Neil, Bill, Dezzの三人で作成。
冒頭のシンセはRon Trent - Altered States (1990)の元ネタ。
1:16ごろでFast Eddie, Kool Rock Steady, Tyree Cooper
などの名前も出てきます。当時のスターだったんでしょうね。

すごくいい曲なんですが、音が悪すぎて残念です。
当時シカゴにはTRAXのプレス工場しかなかったので
リサイクル樹脂の適当な盤質になってしまったのかもしれません。



Phuture ‎– Rise From Your Grave (1992)
90年代前半にかけてNeilとBillの二人は
D.J.Pierreの曲作りを支えるエンジニアとして活動しました。


Phase Phorce ‎– To Die For (1993)
学んだやり方はJackしてリリースするのがシカゴ。
D.J.Pierreの発明したホラー声アシッドハウスそのままです。



Dancer - Number Nine (1988)
Dezzの方はTRAXでDancer名義でのリリースも有名です。
Bedroom Mixって何かと思ったらやってる音を流してるだけっていう。
Lil Louis - French Kissの一年前ですから、
ある意味これもシカゴの文化を作った曲かもしれません。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。