Mr.Lee (シカゴ)


Mr.Leeはシカゴのラッパー/プロデューサー。18歳よりDJと曲作りを開始。
TRAXのオーナー、Vince Lawrenceの父がやっていた初期シカゴハウスの
レーベル、Mitchbal Recordsからデビューします。


Risque Rythum Team - Risque Rythum (1986)
いとこのK.Alexiとのヒップハウス。
いい曲なのですが、セールスはあまり伸びませんでした。
その後、TRAXレコードで徐々にヒットし始めます。


House This House (1987)
クラブ映え抜群のアシッドハウス。全部の音が素晴らしい。
自分で歌い始めましたが、まだラップではありません。
そこそこ売れてきたので、彼は名案を思いつきました。
「地名入れて曲作ったら、世界で売れるんじゃないか?」


Pump Up The NewYork (1988)
Pump Up Chicago, NewYork, Londonの3曲入り。
歌詞も州の名前を叫んでいて、ローカルウケを狙う
まいどおおきに食堂みたいなスタイルで勝負に出ます。

結果は大ウケ、このシングルは狙い通りドイツとUKから発売され
彼はメジャーのJiveと契約することになりました。
いよいよここからヒップハウス期に入ります。


Get Busy (1989)
同時期のシカゴ勢と比べるとPOPでわかりやすいラップ。
「俺はラッパー、君はダンサー、手を叩こう足動かそう」
という脱力ラップでみんなから愛されました。

このシングルのヒットのあと、立て続けにヒットを生み出し
それらを収めたファーストアルバムは100万枚を超える売り上げを記録。
当時のビルボードチャートを見てみましょう。

Billboard Dance/Club Chart - Week of November 25, 1989

1. Technotronic - Pump Up The Jam
2. Fast Eddie - Git On Up
3. Mr.Lee - Get Busy
4. Thompson Twins - Sugar Daddy
5. Bardeux - I Love The Bass
6. Grace Jones - Love On Top Of Love (Killer Kiss)
7. The B-52s - Love Shack
8. Janet Jackson - Rhythm Nation
9. The 2 Live Crew - Me So Horny
10.Heavy D - Somebody For Me
1~3位が全部ヒップハウスで、ジャネットジャクソンより
Mr.Leeの方が売れているなんて、尋常じゃないですね。



Mr Lee & Kompany - Jackmaster (1987)
2012年に売れない時代の音源が発掘されCD化されました。
何でレコード化されなかったのかわからないかっこよさです。
スポンサーサイト
ヒップハウスの世界へようこそ
月別アーカイブ